無題ドキュメント

医薬品と医薬部外品の違いとは?

医薬品とは

医薬品医療機器等法(旧薬事法)で規定する定義

  1. 日本薬局方に収められている物
  2. 人又は動物の疾病の診断、治療又は予防に使用されることが目的とされている物であって、機械器具、歯科材料、医療用品及び衛生用品でないもの(医薬部外品を除く)
  3. 人又は動物の身体に構造又は機能に影響を及ぼすことが目的とされている物であって、機械器具等でないもの。(医薬部外品及び化粧品を除く)

医師が処方する医療用医薬品や薬局、薬店で市販されている風邪薬などのOTC医薬品。有効成分の効果が認められており、病気の治療や予防に使われる薬、効能効果が明確に表示されます。

医薬部外品とは

医薬品医療機器等法(旧薬事法)で規定する定義

この法律で「医薬部外品」とは、次に掲げることが目的とされており、かつ人体に対する作用が緩和な物であって機械器具でないもの及びこれらに準ずる物で厚生労働大臣の指定する成分を含むものをいう。

  1. 吐き気その他の不快感または口臭若しくは体臭の防止
  2. あせも、ただれ等の防止
  3. 脱毛の防止、育毛又は除毛
  4. 人又は動物の保護のためにするねずみ、はえ、蚊、のみ等駆除又は防止 効能効果が認められた成分は配合されているがそれは作用が緩和なもの、積極的に病気やけがなどを治すものではなく、予防に重点を置かれているものと言えます。ここが医薬品との違いです。